P1022050.JPG

​訪問歯科

​訪問歯科とは?

寝たきりなどで通院が困難な方に

訪問歯科とは、通院が困難な患者さまのもとへ、直接歯科医師や歯科衛生士がご自宅などにお伺いして診療を行う医療サービスです。

コスモ歯科では介護施設やご自宅で寝たきりの方、歩行困難な方、入院中で通院できない方など、歯科治療が必要な患者さまを訪問し、歯科診療を行う「訪問歯科診療」をおこなっております。

歯科医師、歯科衛生士が訪問します

歯を診てもらいたくても体が不自由で通院できない方のための訪問診療。しかし、体に障害があったり、病気を持っている人ほど口腔ケアを行いにくく、治療が必要な状態になりやすいのです。

「美味しく食事をすること」「家族や友人と会話を楽しむこと」にはすべて口が関わります。
日々を楽しく、健康でよりよく過ごすためのお手伝いをさせてください。

​介護

必要な方

​通院

困難な方

​認知症

の方

訪問歯科の内容

一般歯科診療

虫歯や歯周病の症状が見られる場合に望ましい治療を行いますが、介護を受けている方々にとって、負担とならない方法をとります。当院では高齢の方々に向けて、「やさしい治療」を提供しております。

定期検診および虫歯、歯周病の予防

要介護者の方々は、お口の中のケアが不十分になっていることがよくあり、定期的なチェックを行うことは食事・会話の機能を残す上でも重要です。寝たきりになると筋力が低下し、自分で十分に歯を磨くことが難しくなるだけでなく、免疫力などの低下も起こってきます。きれいな状態を維持し、虫歯や歯周病から守っていくためには、定期的にきれいにすることが効果的です。どんなケアを行うことが望ましいのか、具体的にアドバイスさせていただきます。

入れ歯の調整

食べる楽しみを守るためには、痛みがなくぴったりと合う入れ歯を使い続けることが重要です。また入れ歯に汚れが多く付着しているとそれが原因で口内炎が出来ることがあり、痛みの原因となります。

​入れ歯の定期的な清掃と調整を行い、あまりにも古くなってきて合わなくなった場合は、入れ歯の新製が必要です。

​誤嚥性肺炎の防止

高齢者に特に多く、現在死因の第3位になっているのが「誤嚥性肺炎」です。これはお口の中の汚れや細菌が、喉を通って気管や肺に入り込んでしまうことで起こる病気です。特に免疫力が落ちてきている方や体力が落ちている方は発症しやすいと言われています。

口腔内のクリーニングやケアを行い、口腔内を清潔にすることは虫歯や歯周病の予防だけでなく、誤嚥性肺炎の予防にも効果的で、健康な体を維持するには重要です。